庭野仁司は、20歳の熊本市出身の大学生です

庭野仁司の大学生活

庭野仁司は、熊本市出身の男性です。今年で20歳になり、血液型はA型です。細かいことにこだわりすぎる神経質な面もありますが、人当たりの良い優しい性格を持ち、周囲の人間から大変好かれている人物です。私立大学の工学部に在学しており、大学進学を機に九州から上京し、現在は杉並区で一人暮らしをしています。

大学生活を始めるとともに、アルバイトも始めた庭野仁司ですが、彼はこのアルバイトにこだわりを持っています。幼いころから人に何かを教える仕事に憧れを抱いていた庭野仁司は、迷うことなく家庭教師のアルバイトを選びました。始めたばかりのころは、自分の教え方に不安を抱いたり、生徒とのコミュニケーションに悩んだりもしましたが、現在では自信がついたようで、家庭教師のアルバイトにやりがいや喜びを感じています。

大学では、軽音部に所属しており、ギターを弾くことを趣味としています。進学前からギターでの弾き語りを好んでしていたため、サークルも迷うことなく軽音部を選びました。同じ趣味を持つギター仲間が増え、互いに切磋琢磨しながらギターを楽しんでいるようです。週末はバンド仲間とスタジオに入ったり、ライブ活動などをしています。このライブには、庭野仁司の彼女も訪れます。彼女はひとつ年下で、同じ大学に通っています。バンド活動がない週末は、彼女と都内でデートを楽しんでいます。

大学生活にアルバイト、サークルのバンド活動など多忙な毎日を送っている庭野仁司ですが、彼女と過ごす時間を大切にしています。もともと面倒見のよい彼は、年下の彼女をとても可愛がっているのです。兄弟は姉がひとりいるだけの末っ子ということもあり、弟や妹が欲しかったこともあって、つい年下の面倒を見てしまいたくなるのでしょう。都内で買い物や食事を楽しんだり、ときには水族館へ行ったりもします。お互いに海の生き物が好きなため、水族館デートは定番となりつつあります。

そんな庭野仁司ですが、最近は卒業後の就職について悩んでいます。音楽が好きで、バンド仲間をかけがえのない存在に感じている彼は、卒業後もバンド活動を続けていきたいと考えています。しかし、社会人になってもバンドを続けられるか不安があるようです。いっそ、バンドでプロを目指すことも考えましたが、家庭教師のアルバイトを通してますます人に何かを教える仕事に興味がわいたことや、工学部で学んだことを仕事に活かしたいなど、やりたいことが多くて迷ってしまっている状態です。