庭野仁司は、20歳の熊本市出身の大学生です

庭野仁司の大学生活と抱える悩み

庭野仁司は、九州の熊本市で生まれ育った現在20歳の男性です。九州男児で熱い性格をしていますが、繊細な面もあり、こだわりが強く神経質な一面もあります。これは、血液型がA型だからなのかもしれません。しかし、人当たりは良く、面倒見も良いため、周囲の人間からは愛されており、老若男女問わず人望のある青年です。現在は、大学進学を機会に上京して杉並区で一人暮らしをしています。私立大学の工学部に在学しており、2回生にあたります。

大学では勉学に励む一方で、サークルの軽音部に所属してバンド活動も楽しんでいます。進学前からギターの弾き語りを趣味としており、進学したら軽音部に入ろうと決めていました。進学するまでは、一人で引き語りをすることが多く、ギターも自己流でしたが、進学して軽音部サークルに入ってからはギター仲間が増え、情報交換を楽しみながらギターの腕を磨いています。庭野仁司は、大学で切磋琢磨できる良い仲間を見つけたのです。

庭野仁司が大学で出会ったのは、仲間だけではありません。大切な女性とも出会ったのです。彼女は同じ大学に通うひとつ年下の女の子で、バンド活動も応援してくれています。所属するバンドがライブをするときは、彼女も観に来てくれます。二人で学食でランチをしたり、バンド活動がない週末は都内でデートをしています。庭野仁司は、彼女のことをとても大切にしていて、彼女の存在が自分にとって最高の癒しだと感じています。姉がいる庭野仁司は女性はどこか怖いものだと思っていましたが、自分を慕ってくれる年下で甘えん坊な彼女と出会って考えが変わったといいます。

そんな庭野仁司ですが、現在、大きな悩みを抱えています。それは、卒業後の進路のことです。工学部に在学しているものの、アルバイトとして続けている家庭教師にやりがいや面白さを見出して、人にものを教える職種にも興味が出たのです。もともと人にものを教えることが好きだったこともあり、自分に向いているのではないかと感じているようです。しかし、大学で学んでいることも将来に活かしたいと考えています。そして、卒業後もバンド活動を続けたいものの、社会人になってもバンド活動を続けられるかにも不安があるようです。さらに、地元の熊本市で就職したいと考えていましたが、彼女と離れるのも嫌なため、どうしようか迷っています。あれもこれもと欲張ってしまい、なかなか進路を決められずにいる庭野仁司なのです。